商品ラベルのデザイン

商品ラベルのデザイン

HOME » ラベル・シールのデザイン依頼 » 商品ラベルのデザイン

・商品ラベルの重要性を知る
スーパーなどへ行って買い物をするときには商品を買う前に必ずラベルをチェックすると思いますが、そのラベルを手に取るかどうかの前に「手に取りたいラベルかどうか」というのを自然に決めてしまっているはずです。
この「何となく手に取ってみた」という感覚を消費者側に起こさせるのはラベルの効果で、ここがしっかり消費者側の琴線に触れているかどうかで決まります。
特にあまりよく知らない商品を購入する場合は、ラベルを見て判断することもあるでしょうし、いかに消費者にアピールできるかとても重要な部分なのです。

これから商品開発をするにあたってラベルのデザインをすることは、直接消費者を獲得することに繋がると意識しなければなりませんし、それができている開発者の商品は自然と売れ行きを伸ばしています。
それではどんな商品ラベルのデザインをすれば消費者に手に取ってもらえるのでしょうか?

・ターゲットを明確にすること
まずひとつめはその商品を手に取って欲しいターゲットを明確にすることで、ここが曖昧になってしまっているとなかなか売れ行きは伸びません。
たとえばお菓子のラベルをデザインするにしても子供向けなのか、若い世代向けなのか、大人向けなのか、それとも幅広い層をターゲットにしているのかによって全然変わってきますし、男性か女性かでもデザインの違いは出てくるはずです。
ターゲットが決まれば自然とデザインのバリエーションも絞れてきますので、そこからよりその商品にふさわしいデザインをしていけばいいのです。
ラベルのデザインが難しい…と悩んでいる人はまずどの層をターゲットにした商品を作るのかという点から考えてみてください。

・何が入っているか分かりやすいようにしておく
そしてもうひとつ重要なポイントになるのが、中に何が入っているのか分かりやすくしておくことで、これは消費者が手に取って決断するときに重要なポイントになります。
新しい商品が販売されたときにまず中身はどんなものが入っているのか知りたいと思うのが消費者心理ですし、成分はどうなっているのか、味はどんな味なのかなど分かりやすく記載されているだけでも購買欲を掻き立てます。
もちろん好みもありますので、好みに合わなければ買わないでしょうが、その商品の方向性が好きな人にとっては分かりやすくすることによって買おうと決断するでしょうし、開発者に対して親切な印象を持つと思います。