商品ラベルのデザインのサンプル

商品ラベルのデザインのサンプル

HOME » ラベル・シールのデザイン依頼 » 商品ラベルのデザインのサンプル

・商品ラベルをデザインするときに意識しておきたいこと
どれだけ丹精込めて作った商品でも実際に販売してみると売れる商品と売れない商品が出てくるものですし、そこは正直なところどれだけ頑張った結果であっても報われないことがあります。
しかしどのようにすれば売れる可能性を高められるのかしっかり意識しながら開発しているところは少なからず成果をあげていますし、まずは重要なポイントをしっかり押さえて商品開発することを考えて欲しいと思います。

売れる商品を作るためにはまず商品そのものが良いのはもちろんのこと、商品ラベルのデザインが魅力的でなければいけません。
なぜなら商品を手に取ったときに必ずラベルをチェックしますし、そこで消費者が興味ないなと思ってしまえばその後、その商品に対して興味を持つことはないからです。
ですから良い商品作りをすると同時に、良い商品ラベルを作ることも大きなポイントになることを意識してください。

・必ずサンプルを作ってチェックすること
そこで必ずやっておかなければならないのが商品ラベルをデザインしたあとのサンプルをチェックすることで、できればひとつだけでなく複数のサンプルを用意して決めるほうがいいでしょう。
単体で見たときのデザインはとてもよかったのに、いざ棚に陳列してみるとあまり目立たないことはよくありますし、魅力的なデザインに見えないということもありますので、複数用意してどんな場所に並べたとしても合うような商品ラベルをデザインしてください。

また、複数のアイディアを出すことでどれがもっとも人気が高いのは多数決を取ったりできますから、より客観的な視点でデザインができるところもメリットだと思います。
デザインをしている側はその商品ラベルに対して愛着を持ってしまいますので、なかなか客観的に見ることが難しい場合もありますから、いろいろな人にチェックしてもらうのはとてもいいことです。

・外注するときでもサンプルは必ず必要
これは自社でデザインするときに限らず外注するときでも同じことで、依頼する前に必ずイメージを伝えて複数のサンプルを提示してもらうようにしてください。
外注することでその分のコストはかかってしまいますが、専門企業に依頼すればそれだけクオリティの高い商品ラベルが用意できますし、そこの部分で妥協しないようにしましょう。
また専門的な視点からアドバイスをもらえるのもメリットのひとつです。