シールのデザインを外注する

シールのデザインを外注する

HOME » ラベル・シールのデザイン依頼 » シールのデザインを外注する

・ラベルのシールを開発したいけど専門家がいない場合
商品開発をスタートさせるにあたって、ラベルをどうするかは大きな問題になってくると思いますが、中には社内に専門家がおらず企画したようなラベルのシールを作成できないというところもあるでしょう。
ラベルとして使用するシールは商品を宣伝するための効果があるので、デザインも重要になってきますし、どんな商品が中に入っているのか分かりやすくしておかなければなりませんので、できるだけこだわりたいという人がほとんどだと思います。
実際に街中でスーパーに立ち寄ってもいろいろなデザインのラベルを見かけますし、デザイン性が高いだけでなく分かりやすい記載がされているものは手に取ってみたいという気持ちにさせてくれるはずです。

そこで今回おすすめしたいのが外注に依頼する方法で、これは専門的な知識や技術を持った企業や個人へデザインを依頼することによりクオリティの高いラベルを作ることが目的になります。
社内に専門家がいないのであれば、最適な手段だと思いますし最近ではいろいろな選択肢があります。

・専門企業へ外注する
まずもっともスタンダードな方法としてラベルやシールのデザインを専門にしている企業へ外注する方法で、これはシンプルにその企業に対して依頼すればいいだけなのでとても簡単です。
法人として申し込むこともできますし、個人として申し込むこともできるでしょうから手っ取り早く作りたいというところには向いています。
大量のラベルやシールを作成してくれるところもありますので、かなりの数が欲しいときにも専門企業への外注は便利です。
ホームページなどを見ると、どんなデザインのものを作成しているのかサンプルをチェックできますし、そこを見ながら依頼するか判断すればいいでしょう。
まずは気になるところをいくつかピックアップしてみてください。

・クラウドソーシングサイトを利用する
次に近年急速に増えているのがクラウドソーシングサイトを利用する方法で、クラウドソーシングサイトにはいろいろな企業が登録しているだけでなく、個人のデザイナーも数多くいます。
やり方としてはまずどのようなデザインのラベルを作りたいのか提示して報酬と納期を設定し、そこから提案してくれるところを募集します。
そこで提案してくれる人が出てきた場合はその中から良さそうなデザインをしてくれる人を選択肢し、最終的な契約を結ぶという流れになります。