シールのデザインの種類

シールのデザインの種類

HOME » ラベル・シールのデザイン依頼 » シールのデザインの種類

・商品ラベルのシールは違いを出す大きなポイント
売れている商品のラベルをチェックしてみると、どこかほかの商品のデザインとは違う魅力を持っているものですが、商品ラベルをデザインするうえでまず重要なのはその違いを分かりやすくすることです。
現在似たような商品がたくさん販売されていて、どれも同じでしょ?という意識を消費者側が持っているものもたくさんありますし、そこで差別化を図るためには商品そのもののクオリティの高さを求めるのは当然ながら、商品ラベルのシールにオリジナリティを加えることで少し違うと感じさせることができます。

たとえばお菓子の商品ラベルをデザインするときには消費者が手に取ったときのことだけを想定するのではなく、まだ商品を選んでいる段階のことも想定しておかなければなりません。
スーパーなどで色々な種類の商品が陳列されている中から商品を手に取ってもらわなければいけませんので、その中でも目立てるだけでのデザイン性が必要になります。
奇をてらって奇抜なデザインにする必要はありませんから、少しカラーやデザインを工夫する努力をしてみましょう。

・カラーの違いは大きなアピールになる
先ほども少し言いましたが、まずアピールポイントになるのがカラーのチョイスで、ここを工夫するだけでも消費者は手に取ってみたいと感じるはずです。
たとえば赤いラベルの商品は世の中にいくらでもあると思いますが、その赤にワンポイント加えるだけでも少し違いますし、お菓子であれば味によってカラーを変えれば商品バリエーションの豊富さをアピールできます。
この味はあまり好きではなさそうだけど、こっちの味は好きそうだ…というケースはとてもよくありますし、これを読んでいる皆さんも経験があるのではないでしょうか?
そういった意味でカラーバリエーションの豊富さは大いに意味のある戦略と言っていいでしょう。

・デザインの工夫でアピール
さらにデザインによるアピールをすることも重要なポイントで、たとえば販売する商品に合ったカラーをチョイスし、それに合ったフォントを設定するだけでも大きな違いを生み出すことができます。
あんこを使ったお菓子のラベルであれば、あずき色に少しレトロな書体でラベルを作成すると、雰囲気もあって良いですしそういったデザインが好きな層には手に取ってみたいと思わせることができます。
また、同じような商品を好む人からも魅力を感じてもらえる可能性が高くなります。